« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

中休み

ただ今、みかんシーズンの中休みに入っております。

先週で極早生みかんが終了し、次の温州みかん、早生温州の収穫開始を指折り数える毎日を送っております。(とは言っても仕事を休んでる訳ではありません。)

皆さまも、きっと気になられているであろう今年の温州みかんの出来は、現時点で90%…いや、95%は満足の出来る味に仕上がってきており、もう少し酸味が抜ければ完成!と、いった状況です。
酸抜けも順調に来ていますが、今日少しですが雨が降ってくれてるので、これでより酸抜けが進みそうです。

予定では今月末~来月始めには発送が出来そうですのでもう少しお待ちください!

話しは変わりますが、先日からはやりのツイッターを始めてみました。
「nino_0895」という名前でやっておりますので、ご興味のある方は見てみてください。因みに0895とは宇和島の市外局番です。

内容は、やはりみかんの話題が中心ですが、ブログより砕けた?!感じでしょうか…。

では、また来週~!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ

ニノファームのトップバッター、「極早生みかん」が終了しました~!

召し上がっていただいた皆さま、気に入っていただけたでしょうか?本当にありがとうございました!

次回は10月末より、みかんシーズンの主役、「温州みかん」をお届けいたします。
現時点でも糖度が高く、よい仕上がりになって来ています!ご期待ください~!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

極早生みかんと温州みかん

先日、東京の知人から「同じ品種のみかんで、青いうちは極早生、黄色くなったら温州みかんになるの?」との質問がありました。

その知人には直接、回答をした訳ですが、もしかしたらこの様に思われてる方も多いのかな~?と思い、ちょっとブログでも書いてみることにしました。

…しかし!これから説明を書きますが、はっきり言うとややこしく分かりにくいです!詳しく知る必要もありませんので興味のない方は適当に目を通してください!

まず、「温州みかん」とは、ポンカンやいよかんではない、いわゆる普通の「みかん」の総称です。みかんにはたくさんの品種がありますが、全て温州みかんに属します。

次に細かく分類すると、「普通温州」、「中生温州」、「早生温州」、「極早生温州」の四つに分けられます。これは旬を迎える時期の早さを表すもので、極早生が一番早く、普通温州が遅くなります。

さらに細かくしていくとそれぞれに固有の品種名が数多く存在します。

代表的なのは極早生の「日南1号」。早生の「宮川早生」。中生の「南柑20号」。普通の「青島温州」などがあります。ニノファームでも日南、宮川、南柑20号を栽培しています。青島は愛媛では少なく、静岡に多い品種です。

このように、温州みかんの中でも色々と枝分かれしていき、トーナメント表のようになって行きます。

ここで、お気づきの方もおられるかも知れませんが、「極早生」という品種名も、「温州」という品種名も実はありません。二つとも総称です。

正確に表すと、「日南」とか、「宮川」と呼ぶのが正しいのでしょうが、実際のところは、農家やお店の方でも、品種名で呼んだり、総称で呼んだりバラバラです。しかし、どれも間違いではありませんので、各土地、各組織で範囲を守っていれば好きなように呼んでいいのではないかと思います。

ニノファームでは、分かりやすくしたかったので、まだ青いうちに収穫する「極早生みかん」。きれいに色付いてから収穫する「早生」と「中生」をまとめて「温州みかん」と表現するようにしました。見た目にも早生と中生は似ています。ニノファームではこの呼び名で統一していきたいと考えております。

さて、冒頭の問いの結論、ニノファーム的には「極早生」と「温州」は違うということですが、間違いかというと必ずしもそうではなく難しいところです…。ただし、極早生をきれいなオレンジ色に完熟させても、早生や普通温州にはなりません。もちろんその逆で、青い普通温州は極早生にも×。

…ね、ややこしいでしょ?!

僕自身もまだこんがらがることがありますが、皆さまの参考になりましたでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノシシ捕獲

Inoshishi_3

昨日、ニノファームのすぐ横に掛けていた猟師さんの罠に、畑を荒らす困り者のイノシシが掛かりました!

一ヶ月程前から、毎日のように足跡があったのですが、ついに捕獲です!

とは言ってもご覧のように、これはウリボウ…。ウリボウは親や兄弟と行動するのでまだ近くには数匹いるはずです。まだまだ安心できません…。

イノシシは一年中いますが、秋になるとみかんやイモを狙って畑に出てくるようになり、一昨年にはシーズンの間に100㎏以上のみかんを食べられたこともあります。

このイノシシはなかなかグルメなやつで、完熟のみかんやポンカンはバクバク食べますが、すっぱい時期のみかんや、もともと酸味のある甘夏などは食べません。

しかもみかんを食べる時は上手に皮を剥いて食べます。なので食べられたあとの畑は数え切れない程の皮が散乱していて余計に悲しくなります…。

被害が多くなるのはこれからなので、みかんを食べられないように万全を備えで臨みたいと思います!

しかし今年はすでに、やきいもにして食べようと思って楽しみにしていたサツマイモが全てやられました…。

不安です…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

助っ人登場!

Photo

極早生みかんの収穫が始まったニノファームへ収穫の助っ人が登場です!

僕と嫁の共通の友人で、京都で勤めていた頃の同僚でもある、サチさんがわざわざ京都よりお手伝い&遊びに来てくれましたー!

本当は、早朝から日が暮れるまで収穫を手伝ってもらおうと思ってたのですが…残念ながら、まだまだ色付きが遅いので、少しだけの収穫となりました。

ですが、サチさんは運動神経抜群のスポーツウーマンなので、初めてのみかん山でも素早く、手際よく収穫をこなしてくれ、とても助かりました!さすがです。

そして、この極早生みかん。本日より発送開始いたしました!

初日の今日は、東京・埼玉・岐阜・神戸と、各地へ旅立って行きました。

自分で食べてみて、今年の出来は上々だとは思うのですが、最初の便は特に評価が気になるところです。皆さまが笑顔になってくれることを祈ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »