« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

ようこそ!愛媛大学・農学部のみなさん

Photo

少し前の出来事ですが、12/10に「愛媛大学農学部・農村漁村地域マネジメントコース」のみなさんが、ニノファームへ来てくださいました!

普段から大学で、現代の農村漁村地域の在り方を研究されてるみなさんですが、今回は宇和島地域の農業・漁業の現状を学ぶ一泊二日の研修旅行の中、宇和島のみかん農家を見たいということで、ニノファームへお越しくださいました。星の数ほどもある、みかん農家の中でこれはとても光栄なことです!

当日は今年一番の寒波が愛媛を包んで、強風吹き荒れる寒い中でしたが、たっぷり二時間ほどのみかん山ツアーへ出発しました!

温州みかん、ポンカン、せとか、甘平などの畑を見学してもらいながら、宇和島農業の特性や、過疎化が進む農業の問題点、未来へ向けての明るい兆しの話題など、まだまだ勉強中の僕ではありますが、いつも自分なりに感じていることをお話しさせていただきました。

このような大勢でのご案内は初めてだったことや、僕より一回り若い学生のみなさんということもあったからか、話し始める前までは、「何を話そうかな~?」「話題に困らないかな~??」などとちょっと不安な部分もあったのですが、やはりそこは同じ農業という道を進むもの同士なんですね~!

話し始めるとみなさんからの質問も飛び交い、あっという間に二時間が経過!僕自身楽しみながらの視察終了となりました。

恥ずかしながら僕が二十歳前後の頃なんて、将来のことなんてしっかり考えることもなく…かといって毎日を一生懸命に過ごすでもなく…泡のないビールのような頭の中でしたが、学生のみなさんは将来、地域を担う農家を志す者、行政の立場から農業を支えたいという者、海外での大きな仕事を目指す者と、それぞれ大きな夢を持って学生生活を送っているようでした。

みなさんのお役に立てたかはわかりませんが、今後、わずかでも進む道の追い風になることができたら幸いです。


Photo_2

笠松先生!学生のみなさん!またお会いしましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温州みかん、完売です!

今日で南柑20号が完売し、今年度の温州みかんが完売いたしました!

11月初旬からスタートした早生温州。12月に入り南柑20号へと切り替わってのこの一ヶ月半、一まず無事に終了し、少しさみしいですが今はホッとしてます!

この最終時期に、お問い合わせいただいたのにお届け出来なかったことは非常に心残りですが、皆さまからいただいた、たくさんの「美味しい」を噛みしめて、また来年へ向けて頑張って行きます。

これでシーズン前半も終了となり、次回は年明け1月中旬頃からニノファーム1、2の人気を争うポンカン、いよかんが登場となります。年明けからも引き続きよろしくお願いいたします!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

温州みかんのご注文について

皆さま、ご迷惑をおかけします!

例年より早いのですが、温州みかんのご注文受け付けを、一旦ストップとさせていただきます。

うれしいことにシーズン前のご予約を多くいただけたこと、また今年はやや不作だった為、今現在ご注文を頂いてる分と、ご用意出来るみかんの量が早くも微妙なラインになって来ており、これよりご注文を受付けますとご用意出来ない恐れがありますので、一旦ストップすることにしました。

これから年末にかけみかんが恋しくなる時期...本当に申し訳ない気持ちです。

ですが、今現在ご注文を頂いてる分の発送が終わり、まだみかんがありましたらもちろんご用意致します!

正式なご注文受け付けは出来ませんが、それでも良ければご連絡ください。

しかしいずれにせよ、みかんはもう少しで終了してしまう訳なのですが、そんなみかんのない時期にジュースはいかがでしょう?!

販売はもう少し先の予定ですが、先日初めてみかんジュースを作りました!

もちろん、ニノファームのみかん100%、無添加ストレートジュースです。そのまま食べても美味しいみかんだけを使ってます!

詳細が決まり次第お知らせ致しますので、これからはジュースもよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早生温州と南柑20号

早いもので2011年も最後の月、12月に入りました。みかんシーズンは毎日があっという間です!

この時期は休む日もなかなかないのですが、体の疲れもどこへやら、みかんを収穫できるよろこびと、皆さまのあたたかいご支援のおかげで充実した日々を送っております!

さて、11月始めよりお届けをしておりご好評いただいておりました、温州みかん「早生温州」が先週末をもって一通り終了いたしました。

今年は台風・雨年だったので、影響を受けやすい早生温州は、定石通りなら味のイマイチなみかんが多くなるはずなのですが、蓋を開けてみると例年と変わらず上々の仕上がり、あるいはそれ以上!?の味となってくれました。

それに伴い、お届けさせていただいた皆さまからの反響も大きかったように感じ、まだまだ技術も知識も経験も不十分な身ではありますが、ひとまずうれしい結果となりました。

そして早生温州が終わったということは…いよいよ、宇和島名産「南柑20号」の登場です!

早生温州同様によい味に仕上がり、本日よりお届けを開始いたしました!早いところでは明日のお昼には到着し、召し上がっていただけると思います。

ところで皆さま、愛媛みかんの飛車と角、早生温州と南柑20号の違いってご存知でしょうか?

Photo


Photo_2

左が南柑20号(通称、20号)、右が早生温州(通称、早生)です。

画像では分かりにくいかもしれませんが、20号は皮が厚めで、へた回りに少し凹凸感があり、色が濃いのが特徴。またお尻の部分(へたのない方)が少しへこんでいます。

早生は皮が薄くて表面がつるっとしており、色も20号ほどは濃くなく、全体的に丸みを帯びています。

ただ、どちらも個体差がありますので、非常に見分けはつきにくく、僕も始めは全く同じに見えていましたが…最近になりようやく分かってきました!

味の面では、20号は酸味が少なく、甘さの中にコクがあり、食べた後も甘さが残る印象。

早生は甘さと酸味のバランスが良く、中の袋が薄いので食感がやわらかい特徴がありますが、これも二つ同時に食べ比べてみないと分かりにくいかもしれません。

よく、「どちらが美味しいの?」と聞かれますが、これに正解はなく、やはり実際に食べてみて判断していただくしかなと思います。

ちなみに僕はどちらも好きです!

早生の時期には「早生は最高やな~」と思いますし、20号の時期になると「やっぱり20号はうまい!」と思ってしまう優柔不断な男です(笑)

どちらもよろしくお願いします~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »